商社の営業マンをしています。
海外へ取引先と出張することが多いです。

仕事を終えたら担当者と繁華街へ出て食事やカラオケを楽しんだり、カジノで遊ぶこともあります。

スロットやルーレットであれば1~2万円の小遣いで気軽に楽しめます。
今まで1万円が5~6万円になったくらいですが、サラリーマンにはうれしい結果です。

バカラやブラックジャックなどテーブルゲームも気軽に楽しめます。

私は日本国内でもカジノができるようになればいい派です。

日本でもパチンコやスロットルで遊べますが、カジノのとは雰囲気が違います。
依存症を心配して反対する声がありますが、ブレーキをかける仕組みもあるから大丈夫でしょう。

最近はオンラインカジノで楽しんでる人も増えてるようです。
私も軽く始めました。

 

オンラインカジノは1994年にヨーロッパに登場し、その後ライセンスを発行する国や地域がでてきて、そのライセンスを取得することで合法的にカジノが運営されるようになっています。

ライセンスを発行している国や地域は、イギリス マン島 ベルギー イタリア マルタ島 エストニア カナダ アメリカ(ネバダ州 デラウェア州 ニュージャージー州)コスタリカ キュラソー その他などです。

経営者の背景
プレイヤー資金の管理体制
プレイヤーデータの管理体制
ゲームの公平性
ギャンブル依存症対策
マネーロンダリング対策

ライセンス発行にはこれらの項目をクリアーするとともにオンラインカジノの運営は監視されています。

不正が認められればライセンスは剥奪され、合法的にオンラインカジノを運営出来なくなります。

プレーヤーが安心して楽しむ環境が整えられています。